「自分が『よい!』と思う感覚を大切にしたい。」オルビスのコンテンツディレクター・なおみさんの転職秘話

しごと
日々のしごとへの向き合い方や人生に対する価値観、考え方など、働く人がいま感じているリアルな声をお届けします。
化粧品メーカー・オルビスでコンテンツディレクターとして働くなおみさん。
女性向けwebメディアを経て、2020年5月にオルビスに転職。消費者と自分の美容・健康を追求する。
今日は社員食堂からの取材になりますが、お昼時ということもありすごく良い香りがしますね!
なおみさんもよく利用されているのですか?
コロナ禍で出社率が制限されていますが、出社した日のランチは社員食堂で摂ることが多いです。オルビスに入社してビックリしたんですけど、社員食堂のメニューがすごくリーズナブルなんですよ! 今日食べた日替わり定食は、ごはんとスープに主菜と副菜がついて340円。前職は社員食堂がなくて外食ランチばかりで一食に2000円近くかかっていました。
こんなに美味しそうなのに340円!?羨ましいです…。 
前職では外食が多かったとのことですが、どのようなお仕事をされていたのですか?
前職は女性向けwebメディアで美容系の記事の編集をしていました。その経験を活かしつつ、今度はブランド・メーカーの側から情報発信をしてみたく今年5月頃オルビスに入社しました。振り返ってみたら、実はオルビスの化粧水を、姉のものをこっそり借りていた小学生の頃から数えると15年以上も使っていたんです! 運命ですよね(笑)。
小学生のころから使っていた商品を今は提供する側にいるなんて、感慨深いですね。
良ければ、今の担当されているお仕事についても教えてください。
現在は公式オンラインショップ内やオルビスのアプリ内で紹介する記事コンテンツの制作をしています。もともとコスメフリークなので、自分の感覚が仕事に生きていると感じています! 秋の新作コスメをお客様のパーソナルカラーに合わせて提案する記事を書いたときは、PVが伸び、限定商品も完売! 自分が「よい!」と思う感覚をこれからも大切にしていきたいですね。
前職の経験や好きなことが仕事に生かせるってすごく素敵ですね!
転職されてしばらく経ちましたが、前職との違いやギャップを感じる部分はありますか?
私がいるチームは中途入社の人が多くて、前職ではメンバー全員が20代の女性で、そのなかでも私が年長者という環境だったのでギャップは大きいです(笑)。今の環境は、さまざまな経歴を持ったプロフェッショナルが集まっているのでとても刺激的です。家庭と仕事を両立されているので、その点でも見習わなければと思っています。
前職とのギャップが大きいそうですが、その分刺激を受ける部分も多いんですね。
コロナ禍での転職活動だったと思いますが、生活の面で大きな変化などはありましたか?
生活はガラッと変わりましたね。以前は繁忙期になると深夜に帰宅して床で寝落ち…… なんてこともあったのですが、今はすっかり健康的な生活に(笑)。ただリモートワークによって歩く量が減ったことと、直接人と話す機会が減ったのは難点です。
「はらぺこワーカー」は、ほかにも さままざまな記事をお届けしています。Instagramも開設していますので、是非フォローをお願いします!(はらぺこワーカー編集部)
取材は感染防止に注意して行っており、撮影・食事の際のみマスクを外しています。インタビュー内容や店舗情報は、取材当時の情報です。